わかりやすいがん予防方法!!

効果のある予防方法は?いつまでも健康で若々しく生きるために!

がん予防>【がんになりやすい人4】ストレスが強いとがんになりやすい?

ストレスとがんの関係は、はっきりしていません。
関係ないという人もいれば、関係あるという人も
研究者の中でも意見が分かれます。

しかし、免疫力が下がると、病気になりやすい。
ということでは、がんも同じと言えます。

新陳代謝により、細胞が新しく生まれ変わるとき、
古い細胞から新しい細胞にDNAの遺伝情報は、全く同じに
受け渡されなければいけません。
しかし、突然変異を起こし間違った情報が伝わってしまう事があります。
そのチェックをしてくれる役割が、免疫です。
その結果、がん細胞ができてしまっても、免疫力が強いと、
間違った情報が乗った細胞は、抹殺されます。

しかし、免疫力が弱まると、チェックも甘くなり、
突然変異を起こした細胞も、増殖してしまうことになり、
やがてがんという塊になってしまうからです。

テレビなどで、時々取り上げられる実験ですが、
漫才などのお笑いを見る前と、見た後での、
免疫力の差を、血液中のNK細胞の値で、調べてみると、
その差は、明らかになります。

お笑いを、見る前と、3時間見た後に、血液検査をしてみると、
もともと、NK細胞の値が高かった人は、
それほど差はありませんでしたが、
低かった人は、正常か正常値以上に、上がっていたといいます。
免疫力が上がったからです。

この様な効果は、「作り笑い」でも、同じ効果がえられ、
嘘でもいいから、「ニコ」と一日数回微笑んでみるだけでも、
効果があります。

ぜひ、ストレスをため込んでいる人は、
鏡に向かって、にっこり、作り笑いをしてみてください。
免疫力をあげて、がんにかからない肉体を作りましょう。

その他、ストレスを和らげ、リラックスを得るためには、
α波の音楽を聞いてみたり、ヨガをやってみたり、
リラックスを得られる方法を見つけることをお勧めします。

音楽療法について詳しく情報は、
「体に効くクラシック!」http://sonata.iinaa.net/

ヨガの効果については、
「あがりに強くなる事前・直前・本番対策法!」
http://www.sad-club.net/

をご覧ください。

↑ PAGE TOP